2007年02月21日

キャンセル

お疲れ様です。

今日は遠い現場でした。しかも・・・
今日は、とんでもないことに当日キャンセルがありました。
当日キャンセル自体はある意味仕方ないと思うが、今日のは
違った(泣

マンションの引越し前のクリーニングでお約束の時間に現地に到着しました。
1時間待ってもお客さんが来ないのです。電話しても出ない。携帯の留守電を入れた。なんかあったのかな?と心配しました。がく〜(落胆した顔)
そこのマンションの管理人さんが僕たちを気の毒に思い、緊急連絡先を調べて電話してあげると言ってくれた。

それから10分後くらいにお客様から僕の携帯に着信があった。
『旦那が車を乗っていってるんで、そっちに行けないから今日は断ろうかなって思ってます』
は? 断ろうと思ってる? もう当日の約束の時間とっくに過ぎてるやん。
なにが?意味わからん。exclamation&questionexclamation&question
『電話くらいできるでしょう?』って言うとりダイヤルが消えてしまってわからなかったやって。
え? 電話で依頼してきましたやん。なにそれ?exclamation&questionexclamation&question
放心状態になりましたね。
もうよろしいわって思わず切っちゃいました。切ってからもっとあ〜言えばよかった。こう言えばよかったと後悔しました。いつもの悪い癖やたらーっ(汗)

前日や当日にキャンセルの連絡入ると正直喜ばしいことではないですが、お客様の事情もあるからそれは仕方ないと思っています。こっちだって道中に何かトラブルがあったりしたらキャンセルがありうるのですから。商売をしているとこれは仕方ないんで。だからうちはキャンセル料金を設定していないのです。
しかし連絡のないキャンセルは、はっきりダメですね。
その中にも質がありますが・・・ ど忘れしてたほうがマシ。
わかってて連絡しないのは最悪。

連絡のないキャンセルは
昨年は、作業で1件・見積もりで1件ありました。場外っぽいけど、面接で1件。
キャンセル料金の設定を考えないといけない時期なのかもしれません。
ただ99.9%は、いいお客様ばかりなのでよく考えます。

今日は、大きな物件だったので3人で行っていました。
大損失です。
は〜  ため息が出ます。もうやだ〜(悲しい顔)

すごく感じのいい管理人さんが、またここの部屋の方が頼んだらお掃除に来てやってくださいって笑顔で言ってくれました。

はい、絶対に来ませんバッド(下向き矢印)

管理人さんには、『ありがとう』