2008年08月24日

星野ジャパン、北京で4位トホホな結果

こんなタイトルのブログや掲示板への書き込みがすごいんでしょうね。

僕も非常に残念で非常に憂鬱な気分になりました。

僕は、阪神タイガースのファンですし、年に何回か球場に応援にもいきます。星野さんは、阪神を変えてくれた偉大な監督で好きな人物であります。

しかし、今回のオリンピックは世論の大半と同じく???なところばかりであった。

まず、オリンピック前の人選からおかしかったでしょ。星野さんの私情や頑固さが悪い方に前面に出てしまっていて冷静な人選でなかった。もちろん選ばれた選手は一流どころですが、けが人や不調な選手が多く、強制的な部分も垣間見れた。

直前や本番になってケガで出れない選手にうんざりきました。
元々、実力はあっても今年はイマイチの成績でも星野流の気持ちでカバーを期待したのだろうが無理でしたね。

オリンピックの試合でも、数多くの采配ミスが連発していました。
継投の失敗や不調の岩瀬を立ち直らせたい?的な使い方が悉く失敗してしまった。失敗を取り返す選手起用の采配なら岩瀬と同じようにダルビッシュをもう一度先発させてもよかったのでは、ないかとも思います。ダルは、オリンピック前からみんなが認める日本のエースと評されていたのだし。それなのにほとんどベンチで、ダル本人の胸中は納得のいかないものでしょうね。
岩瀬は、星野さんは中日の監督時代から好きな選手だったので、特別扱いな部分があったのかもしれません。短期決戦では、そういう私情の移入が命取りになりました。

やっぱり、現役監督でないから現場から離れているから難しいのと、星野さんのように戦略でなく情が第一優先に来る監督は短期決戦の国際大会は難しいのかな。それに、コーチ陣も星野さんにはなにも言えない人たちだったしね。

もちろん星野さんばかり悪いわけじゃなく、選手たちもよくなかったです。見ている限り、なんとしても勝つみたいなものがなかったですね。アウトってわかってても1塁に全力疾走する姿や、ユニフォームをドロドロにしてヘッドスライディングしたり、そんなのなかったですもんね。
今年の阪神が強いのは、金本のアニキが全力で走り、新加入の平野がガッツ溢れるプレーをしてみんなが自分もと必死になっているのも大きな要因です。
そんな必死さが見ることがなく、不調にあえぐ村田選手などベンチであくびをしている韓国戦だったかな、ちょっとヤバいなと思いました。

北京オリンピック上位3チームに比べて、収入は比べ物にならないくらい多い日本人のプロ選手は、やはりハングリーさがなかったのでしょう。アマチュアの選手がオリンピックに出てた頃は、五輪を目標にしたり五輪で活躍してプロへと思って一生懸命やっていたのでしょうね。

韓国なんて兵役免除となれば、そりゃ目の色変えて戦うだろうし、とても勝てないですよね^^;

ともあれ、本当に残念な結果となりましたが、日本のプロ野球を本当のレベルを上がることを期待しています。

星野監督はじめコーチ、選手の皆様、お疲れ様でした。

さあ、阪神に藤川球児、新井、矢野の3選手が帰ってきて大活躍をする姿を楽しみします。




posted by CLY at 21:20 | Comment(0) | ハウスクリーニング店長日記