2009年01月20日

富士通のエアコンクリーニング

こんばんは。

今日のエアコンクリーニング2台、1台はナショナルの5年前、もう1台が1年半前の富士通のエアコン。

うちは、エアコンクリーニングのお申し込みの際にメールや電話で、およその購入年数とメーカー名、おそうじロボットの有無、設置環境などを尋ねています。

色々とできない機種や注意が必要な機種や予め伝えておきたいことなどがある場合があるからです。

今回、電話でお聞きした時にひっかかったのは、高年式の富士通のエアコンであることでした。

富士通のエアコンによくあるのがカバーを外すのが大変困難なことである。

全てではないのですが、設置状況によりどうしても難しい場合があります。
カバーのつめの形状によるものです。

しかし、あーまで外しにくくする必要があるのかなと思いますが。

それで、今日もお客さんには事前に万が一洗えない可能性もあると伝えておきました。

結局、少々手間取ったけど設置環境も良かったので、問題なく洗えました。

今日のお客さんは、以前にエアコンクリーニングをある業者さんに頼んだところ、10分くらいで作業終了したらしくて、一体何をしたのかわからなかったらしいです。
金額は結構高かったらしいです。

しかもクリーニング後まもなく壊れて、この富士通にエアコンを買い換えたそうです。(その業者さんには言ってないそうですが)

どんなクリーニングなんでしょう??

僕も知りたいです。

そんなこともあり、トラウマ気味で今日も実はちょっと警戒していたとおしゃってました。
結果は、大変喜んでいただきましてなによりです。

僕は、世の中のハウスクリーニングのやり方に何が正しくて何が間違っているかは、わからない部分がたくさんあると思います。
「去年までやっていたことが、今ではやることはない」などは、みんなよくある話です。

在宅のハウスクリーニングの場合は、どれだけお客さんに満足していただけるかに尽きると思います。

最近読んだ本


成功者の告白







posted by CLY at 23:29 | Comment(5) | ハウスクリーニング店長日記